小児歯科

sp_tel.png
メールで問い合わせ

お子さんが、自分で治療を受けられるようになることを目指して

小さい子供は緊張すると治療を受けられなくなってしまいます。そのためまずは、子供と仲良くなり、怖い人だと思われないように接することを心掛けています。
さらにお口を開ける練習、器具を触って慣れるといったことをしていくうちに、ほとんどのお子さんは治療を受けられるようになっていきます。じっくりと丁寧に向き合い、とは言えあまり時間をかけすぎず、お母さん・お父さんの負担にならない治療の進め方をしています。

小さなお子さん連れでも安心

当院は、待合室ではなく診療室の中にキッズスペースをご用意しました。
お母さん・お父さんが処置を受けている間も、目の届く範囲にお子さんがいますので、安心して治療を受けられます。また、女性スタッフができるだけ対応するようにしており、中には遊んでいることに夢中になって「帰りたくない!」と言う子もいるくらいです。
小さいお子さん連れの方も、安心してご来院いただければと思います。

お子さんの歯を守るのは、親の役割です

乳歯が生えてきてから生え終わるまでの間(およそ生後7ヶ月から2歳7ヶ月くらいの間)は、親がきちんと歯のケアをしてあげないと、すぐに虫歯になってしまいます。当院でもお子さんに歯磨き指導をしていますが、家では必ず仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。
もちろんそのための方法は、当院でアドバイスさせていただきます。また、この時期一番大事なのは食生活です。甘いものは全く食べてはいけないというわけではありませんが、やはりできれば避けた方が良いでしょう。また、栄養のバランスが良いもの、歯ごたえのあるものを食べさせることが大事です。そして何と言っても「間食」や「だらだら食い」は最悪です。
当院と一緒に、お母さん・お父さんがお子さんの歯を守ってあげましょう。

tel:042-426-4108 お問い合わせフォーム