一般歯科

sp_tel.png
メールで問い合わせ

虫歯治療

拡大することで、「虫歯を残さない」「歯を削り過ぎない」治療を

当院では、治療をする際に歯科用拡大鏡を使用し、拡大した状態で細かいところまで丁寧に処置することを大切にしています。
また、虫歯の染め出し液も使用することで、確実に虫歯の位置や深さを把握するようにしています。
こうすることで、虫歯を取り残すことなく、かつ患者さんの健康な歯を削り過ぎることもない治療が可能になります。根気のいる治療ではありますが、ギリギリのところまでこだわって、よりきれいに、より確実に仕上げることに妥協しないようにしています。
※歯科用拡大鏡を使用することによって治療費が加算されることはありません。

痛みをできるだけ抑えるための麻酔の工夫

まずは表面麻酔を歯茎に塗って十分に時間を置き、きちんと効いてきたところで、最も細い針を使用し、痛みを感じにくいところへ麻酔を打ちます。
また、電動麻酔器を使用することで、麻酔液を送り込む速度が一定となり、さらに痛みを感じにくくなります。

歯周病治療

早めの治療で、自分の負担を減らす

歯周病は、歯を失う最も大きな原因となっており、大人になるとほとんどの方が歯周病になっていると言っても過言ではありません。
治療はどこまで歯周病が進んでいるかによって異なりますが、重症化すると歯を支えている骨が溶けてしまうため、歯茎をめくって骨を再生させる治療が必要になることもあります。
しかし多くの方はそんな大げさな治療はしたくないもの。ですから、なるべくもっと早い段階で治療を始め、重症化しないようにしましょう。

歯周病は生活習慣病

歯周病は生活習慣病の一つです。
そのため、歯周病を治すためには、生活習慣を見直す必要があります。その中でもまず大事なのは、歯磨きを改善すること。歯をきちんと磨いていないと歯周病が進んでいき、歯周病が進んでいくとさらに歯が磨きにくい状態になっていきます。

歯磨きは毎日続けるものですので、きちんと正しく磨く方法を身につけていただきたいと考えています。もちろんそのための方法は、当院で丁寧にお教えします。さらに、食生活もなるべく改善することで、さらに歯周病の状態が改善しやすくなります。

親知らずの抜歯

親知らずは、放置しておくと他の歯に悪影響を与えることや、痛みや腫れの原因となることがあります。
当院にはCTが完備されているため、必要に応じて精密検査した上で治療を行います。かなり難しい症例を除いてほとんどの場合は院内で抜歯できますので、親知らずが気になり始めた方は、早めにご相談ください。

tel:042-426-4108 お問い合わせフォーム